髪の毛 乾かし方

正しい髪の毛の乾かし方にはドライヤーの使い方が重要

美容マニアの貴子です。

毎日洗う髪の毛ですが、皆さんはどのように髪の毛を乾かしていますか?

髪の毛の乾かし方、ドライヤーの使い方には、正しいやり方があるのです。

正しく乾かすことで髪の毛に与えるダメージを抑えることができますし、美しい髪の毛を維持することができるようになります。

では、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。正しい髪の毛の乾かし方、ドライヤーの使い方を順番にみていきましょう。

 

髪の毛を乾かす手順

髪の毛の乾かし方には正しい手順があります。

 

タオルドライの前に水気を絞る

ショートヘアの方は必要ありませんが、ロングヘアの方は、タオルドライの前に必ず水気がなくなるくらいまでしっかりと髪の毛を絞るようにしましょう。

水気が残っている状態で、タオルドライをしてしまったりドライヤーで乾かし始めてしまうと、余計に時間がかかってしまうことになります。

 

タオルドライでしっかりと乾かす

水気がなくなったらタオルドライをしていきます。ポイントは髪の毛を擦って拭かないことです。

タオルドライはタオルを頭にのせたら、その上から指の腹で頭皮をマッサージするように水気を拭き取るようにしましょう。

ターバンを巻くように髪の毛をタオルに包みながら拭くことで、髪の毛に与えるダメージを抑えることができます。

また、髪の毛をタオルで挟みながら軽く押さえた状態で、ポンポンと叩きながら拭くのも水気を拭き取る効果があります。

 

タオルドライができたらドライヤーで乾かす

タオルドライで水気をとったらドライヤーを使って乾かしていきます。ドライヤーと髪の毛は、10㎝程度間隔をあけるようにしてください。

また、ドライヤーを当てる時ですが、熱が一点に集中しないように風を散らすように手を振りましょう。美容師さんがやっているようにドライヤーを振りながら当てるイメージです。

 

後ろ髪から乾かす

髪の毛は必ず後ろ髪から乾かしましょう。後ろ髪の根元から乾かすことで早く乾きます。

毛先は乾きやすいのですが、髪の毛が一番ダメージを受けている部分になりますので、最後に乾かすようにしてください。

 

ドライヤーの風量レベルは満遍なく使う

ドライヤーは基本的に、「強風(ターボ)」、「弱風(セット)」、「冷風(コールド)」の3種類の風量が出るようになっています。

強風で乾かして終わりにしている人もいるようですが、必ず弱風と冷風も使うようにしましょう。

弱風で前髪などを乾かして、冷風で熱を逃がすようにすれば髪の毛のセットもしやすくなりますし、髪の毛がダメージを受けにくくなります。

 

「髪は女の命」です。髪の毛を乾かすときはこの順番で行ってくださいね。

スキンケアの順番

スキンケアは正しい順番で行っていますか?

美容マニアの貴子です。

突然ですが、スキンケアは正しい順番で行っていますか?

自己流で行っている人が多いと思いますので、もしかしたら正しくできてない可能性がありますよ。改めて確認してみましょう。

ちなみに、スキンケアは朝と夜とでは順番が多少違ってきますので、それも含めてみていきましょう!

 

朝のスキンケアの順番

では始めに、朝のスキンケアの順番を確認していきましょう。

 

洗顔をする

まずは洗顔をしっかりと行っていきます。

朝でも寝ている間にホコリなどで肌は汚れていますので、洗顔をしっかりとして保湿をするように心がけてください。

 

導入液やオイルを使う

化粧水の前にする導入液やオイルは、ブースターと言います。

肌を柔らかい状態にしてくれるので、水分の吸引力が高くなります。また、化粧水の浸透を良くしてくれる効果もあります。

 

化粧水を使う

導入液やオイルを使用したら、たっぷりと化粧水で保湿するようにしましょう。

顔全体を保湿するのは当たり前ですが、首筋や耳の裏なども保湿をしておくと良いでしょう。この辺も乾燥しやすい箇所です。

 

美容液やオイルを使う

化粧水を塗った後には美容液を塗るのがお勧めです。

なぜなら、化粧水は肌に対して水分を与える役割がありますが、それだけでは油分のバランスがとれないことがあります。

そのため、余計に肌が乾燥してしまう可能性がありますので、美容液を塗って乾燥を防ぐようにしましょう。

 

乳液を使う

水分が逃げないように蓋をする役割をもっているのが乳液です。

マッサージをしながら塗ると良いでしょう。

 

外に出るならUVケアもする

外に出る用事があるならUVケアもしっかりとするようにしましょう。

 

 

夜のスキンケアの順番

次に夜のスキンケアの順番を確認していきましょう。

 

クレンジングをしっかりとする

クレンジング剤は、油成分と界面活性剤でできているものが多いです。

油成分にはメイクを浮き上がらせる役割があり、界面活性剤には浮いた油を混じり合わせて汚れを落としてくれる役割があります。

しかし、クレンジング剤の多くはメイク落としに着目しているので、それ以外の汚れは落ちにくいのです。ですので、必ず洗顔などが必要になります。

 

洗顔をする

夜の洗顔のポイントは、「たっぷりの泡で洗う」です。

ホコリや汚れを落とすために泡で汚れを包んで落とすことが大事になります。

 

導入液

朝と同じように適量を使用するようにしましょう。

 

化粧水

コットンに出して使う人もいますが、力加減によっては摩擦などが肌に良くないこともありますので、手で優しく叩きこむ方が良いです。

手で叩きこむ時も擦らないことが大切です。化粧水を使用した後は、朝と同じく美容液を塗って乳液を使ってあげることで完了です。

 

今までの手順を見直して、正しい方法でスキンケアをするようにしてくださいね。

化粧水の選び方

自分にあった化粧水の選び方は?

美容マニアの貴子です。

普段から化粧水や乳液などを使っている方は多いでしょう。

しかし、自分の肌にあった化粧水をちゃんと選べていますか?

 

肌に合わない化粧水を使用していると、肌トラブルの改善がうまくできないことがあります。

また、今まで使っていた化粧水が合わなくなってしまうといったこともあります。

体調や肌状態の変化など常に確認して、その時その時にあった化粧水を選んで使うようにしましょう

 

簡単セルフチェックで肌タイプを知ろう!

化粧水を選ぶ前に自分がどんな肌タイプなのかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

肌タイプには以下の種類があります。

 

普通肌

肌の水分と皮脂のバランスが良く、肌トラブルが起こりにくい状態の肌です。

特徴は触った時に柔らかく、しっとりとした状態にあります。

 

混合肌

このタイプが日本人に一番多いタイプです。

脂っぽくなってしまっている部分と乾燥している部分が混在している肌の状態です。

主にTゾーンがテカったり黒ずみで出やすく、Uゾーンは乾燥しがちで荒れやすいのが最大の特徴です。

このタイプは、ニキビや毛穴のつまりなどが起こりやすいタイプです。

 

乾燥肌

肌の水分が少なく、皮脂成分が低下してしまっているので肌表面に潤いや柔軟性がない肌です。

触るとカサカサした状態になります。乾燥肌タイプの人は、洗顔をした後にすぐに保湿をしないと肌がつっぱる感じがしてしまいます。

 

敏感肌

化粧水に限らず、化粧品を使用すると肌がピリピリしたような状態になってしまい、赤みや痒くなったりしてしまいます。

肌のバリア機能が非常に弱いので、外からの刺激が入りやすく、敏感になりやすいです。

 

化粧水の選び方

上記を含めての化粧水の選び方としては、まずはお店で即決せず、パッチテストをしてみてから買うようにしましょう。

 

もし仮に、通販でしか手に入らないような化粧水を買う場合は、届いてから1週間は試すようにしましょう。

返金制度が設けられているような良心的なところもあるので、その場合は、1週間で肌に異常が出ないかを試します。

もし、赤みやかゆみなどが出るようなら返金することをお勧めします。

 

また、1週間ではわからないようなら1か月程度試してみると良いでしょう。

大体の通販では返金保証が受けられるのは30日に設定されているので、十分に試してみて良さそうなら使い続ければいいですし、肌に合わなければ返金制度を受ければOKです。

 

特にはじめて使うような商品でしたら必ず試すようにしてくださいね。

まつ毛美容液

まつ毛美容液の種類と使い方

初めまして!

美容マニアの貴子です。

 

今日から私の大好きな美容に関するブログを始めることにしました♪

これから美容に関してどんどん書いていくのでよろしくお願いします。

 

さて、みなさん。

まつ毛美容液って使っていますか?

 

「マツエクはしてるけどまつ毛美容液は使ってない」っていう人、結構いるんじゃないでしょうか?

 

そもそもまつ毛美容液っていうのは、メイクで痛んでしまっているまつ毛のダメージケアと保湿をすることができる美容液の事です。

アイメイクを毎日繰り返しては落としてを続けていると、まつ毛もダメージを受けることになります。

 

受けたダメージをそのままにしておくとまつ毛が抜けてしまったりしてしまうので、しっかりと保湿して労わってあげることが大事になります。

そんなまつ毛美容液、どれくらいの種類があると思いますか?

今回はそんなまつ毛美容液の種類と使い方を紹介しますね。

 

まつ毛美容液の種類と使い方

まつ毛美容液には以下の種類があります。

 

  • マスカラタイプ
  • 筆タイプ
  • チップタイプ

 

いつも使っているアイメイクのものと形状が同じような感じなので、それぞれの使い方と同じようにすればいいのですが、簡単に紹介します。

 

マスカラタイプは、マスカラを塗るのと同じように使えばOKです。

このタイプの特徴は、根元までたっぷりとつけられることです。

ただし、マツエクをしてる場合はブラシが引っかかってしまって、まつ毛が抜けてしまう可能性があるので気をつけてください。

 

筆タイプは、リキッドアイライナーと同じ筆状のもので、アイライナーをひく時みたいに根元から塗ればOKです。

普段アイライナーをひかない人だと、ちょっとこのタイプは使いにくいかもしれません。

 

チップタイプは、リップグロスのような形状であることが特徴です。

先が綿棒のようになっているものもありますし、アイシャドウのチップのようなものもあります。全体的に塗りやすいのも大きな特徴です。

チップに美容液を取り、目を閉じてまつ毛の上部分を塗っていき、次に目を開けてマスカラのようにまつ毛を持ち上げる要領で下部分を塗ります。

たっぷりと使えますが、逆に美容液が目に入ってしまう可能性もあるので注意する必要があります。

 

まつ毛も自分の「毛」なので、しっかりとダメージケアをしてあげましょうね!