化粧水の選び方

自分にあった化粧水の選び方は?

美容マニアの貴子です。

普段から化粧水や乳液などを使っている方は多いでしょう。

しかし、自分の肌にあった化粧水をちゃんと選べていますか?

 

肌に合わない化粧水を使用していると、肌トラブルの改善がうまくできないことがあります。

また、今まで使っていた化粧水が合わなくなってしまうといったこともあります。

体調や肌状態の変化など常に確認して、その時その時にあった化粧水を選んで使うようにしましょう

 

簡単セルフチェックで肌タイプを知ろう!

化粧水を選ぶ前に自分がどんな肌タイプなのかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

肌タイプには以下の種類があります。

 

普通肌

肌の水分と皮脂のバランスが良く、肌トラブルが起こりにくい状態の肌です。

特徴は触った時に柔らかく、しっとりとした状態にあります。

 

混合肌

このタイプが日本人に一番多いタイプです。

脂っぽくなってしまっている部分と乾燥している部分が混在している肌の状態です。

主にTゾーンがテカったり黒ずみで出やすく、Uゾーンは乾燥しがちで荒れやすいのが最大の特徴です。

このタイプは、ニキビや毛穴のつまりなどが起こりやすいタイプです。

 

乾燥肌

肌の水分が少なく、皮脂成分が低下してしまっているので肌表面に潤いや柔軟性がない肌です。

触るとカサカサした状態になります。乾燥肌タイプの人は、洗顔をした後にすぐに保湿をしないと肌がつっぱる感じがしてしまいます。

 

敏感肌

化粧水に限らず、化粧品を使用すると肌がピリピリしたような状態になってしまい、赤みや痒くなったりしてしまいます。

肌のバリア機能が非常に弱いので、外からの刺激が入りやすく、敏感になりやすいです。

 

化粧水の選び方

上記を含めての化粧水の選び方としては、まずはお店で即決せず、パッチテストをしてみてから買うようにしましょう。

 

もし仮に、通販でしか手に入らないような化粧水を買う場合は、届いてから1週間は試すようにしましょう。

返金制度が設けられているような良心的なところもあるので、その場合は、1週間で肌に異常が出ないかを試します。

もし、赤みやかゆみなどが出るようなら返金することをお勧めします。

 

また、1週間ではわからないようなら1か月程度試してみると良いでしょう。

大体の通販では返金保証が受けられるのは30日に設定されているので、十分に試してみて良さそうなら使い続ければいいですし、肌に合わなければ返金制度を受ければOKです。

 

特にはじめて使うような商品でしたら必ず試すようにしてくださいね。

まつ毛美容液

まつ毛美容液の種類と使い方

初めまして!

美容マニアの貴子です。

 

今日から私の大好きな美容に関するブログを始めることにしました♪

これから美容に関してどんどん書いていくのでよろしくお願いします。

 

さて、みなさん。

まつ毛美容液って使っていますか?

 

「マツエクはしてるけどまつ毛美容液は使ってない」っていう人、結構いるんじゃないでしょうか?

 

そもそもまつ毛美容液っていうのは、メイクで痛んでしまっているまつ毛のダメージケアと保湿をすることができる美容液の事です。

アイメイクを毎日繰り返しては落としてを続けていると、まつ毛もダメージを受けることになります。

 

受けたダメージをそのままにしておくとまつ毛が抜けてしまったりしてしまうので、しっかりと保湿して労わってあげることが大事になります。

そんなまつ毛美容液、どれくらいの種類があると思いますか?

今回はそんなまつ毛美容液の種類と使い方を紹介しますね。

 

まつ毛美容液の種類と使い方

まつ毛美容液には以下の種類があります。

 

  • マスカラタイプ
  • 筆タイプ
  • チップタイプ

 

いつも使っているアイメイクのものと形状が同じような感じなので、それぞれの使い方と同じようにすればいいのですが、簡単に紹介します。

 

マスカラタイプは、マスカラを塗るのと同じように使えばOKです。

このタイプの特徴は、根元までたっぷりとつけられることです。

ただし、マツエクをしてる場合はブラシが引っかかってしまって、まつ毛が抜けてしまう可能性があるので気をつけてください。

 

筆タイプは、リキッドアイライナーと同じ筆状のもので、アイライナーをひく時みたいに根元から塗ればOKです。

普段アイライナーをひかない人だと、ちょっとこのタイプは使いにくいかもしれません。

 

チップタイプは、リップグロスのような形状であることが特徴です。

先が綿棒のようになっているものもありますし、アイシャドウのチップのようなものもあります。全体的に塗りやすいのも大きな特徴です。

チップに美容液を取り、目を閉じてまつ毛の上部分を塗っていき、次に目を開けてマスカラのようにまつ毛を持ち上げる要領で下部分を塗ります。

たっぷりと使えますが、逆に美容液が目に入ってしまう可能性もあるので注意する必要があります。

 

まつ毛も自分の「毛」なので、しっかりとダメージケアをしてあげましょうね!